プロフィール

Author:きんチャン
数あるブログの中から「まんまる知恵袋」を尋ねてくれてありがとう。どんどん充実した内容にしていきたいと思ってます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイスターいます~靴修理屋さん~

そうそう値段表も貰ってきたので、
スキャンしたのを貼付けますね。

多分一般の修理屋さんよりだいぶ
お安いと思うのです・・・

マイスター達がそれに気がつきません様に・・

マイスター値段表マイスター値段表
スポンサーサイト

マイスターいます~靴修理屋さん~

靴の修理ってどうしています?

私は足のサイズが大きいのと、左右のサイズが微妙に違うので
足に合った靴はとっても貴重なんです。
古くなっても修理して大事に履いています。

そんな私のお気に入りが
御徒町にある
「靴&鍵 マイスター」というお店です。
(そのまんまのネーミングですが・・)
お見受けした所、平均年齢70才の
経験豊富なマイスター達が働いているお店なんです。

ここのお店の凄い所が
普通の修理屋さんでは断られてしまったり
値段がべらぼうになってしまう修理も
気持ちよく引き受けてくれる事なんです。

まずご紹介したいのは、
「ヒールのカット」
最近の靴はぺったんこかヒールが凄く高い2極化してしまって
いるように思うのです。
気に入ったデザインでも実際に履いてみると
ヒールが高くって長く歩くのが辛い事ってありません?
このお店以外でヒールのカットをしてくれる
ところって知りません。

黒短ブーツヒールカット
この短ブーツはヒールをカットして貰ったものです。
デザインや構造を壊さない様にちゃんとカットしてくれます。
それでいて、履きやすく歩きやすくなりました。

青ヒールヒールカット青
これはブランドのバーゲンでモデルさんが履いた物を買った物だけど
あまりにヒールが高くて
ほとんど履けていないんです。
カットしてもらったので、今年の夏は活躍して貰えそう。

黒ショートブーツ黒ブーツ
これはお気に入りの短ブーツです。
もう履き倒したので、駄目にしてしまっても
しょうがないかな~とも思うんだけど・・
やっぱり足に合った靴は貴重です。
修理に出してみました。

黒ブーツ靴先黒ブーツ先
見えるかな?
脇の皮が破れちゃっているところに
丁寧に皮を貼って直してくれています。
とっても綺麗になって戻ってきてくれました。

チャの靴チャの靴
この靴はヒールがあるけど、
とっても安定していてダッシュする事も出来るんです。

靴底が駄目になってしまったのを
最近よく見かける「靴専科」さんに見積もりして貰ったら
なんと15000円かそれ以上。
それもどんな種類の靴底になってしまうかは
分からないとの事。
修理代が新しい靴を買えそうな値段でも
お気に入りだからOKですが、
どんな仕上がりになるかも分からない様では
お願い出来ません。

この時に気がついたのは
街の修理屋さんはそこで修理してくれるのは
靴底の張り替えくらいで、もっと難しい修理は
他の修理屋さんに出しているのです。

だったら直接マイスターにお願いした方が
良いではないか!!
これこそエコです。

結局いつものマイスターさんにお願いしたんです。

そうそうお値段も格安なんですよ。

もし履きやすい靴が古くなってしまったら
捨てる前に、一度マイスターさんで修理されて
みたらいかがでしょうか?

住所
台東区上野3-13-10 富山ビル1階
03-5818-0188













奄美大島とブラジル

友達が奄美大島に移住したので、遊びに行って来ました。
羽田からJALで2時間ちょっと、近いです。
搭乗前に1000円払ってJシートという
ちょっと広めのお席に変更して貰ったのでゆったりでした。

南国のイメージがありますが、まだまだ寒くって皆んな冬服です。

ブラジルとの意外な共通点をいくつか発見しました。
*南国で雨が多く、湿度が高い。
*さとうきびのお酒がある。(奄美大島は焼酎です。)
*人々が控えめで恥ずかしがり屋さんぽいです。
*海と山があって、どちらも綺麗。

友達がハーブガーデンを始めようと、土地を探しているので
土地の値段や家の値段を一緒にチェックしたのですが
現地の収入に対して、家賃や土地が高い!!
震災後に沖縄に移住者が増えたと聞きますが
その影響がここにも表れているのでしょうか?!
なんでも一番近い原発から300KM離れているようです。

奄美大島は鹿児島ですが、沖縄の隣の隣の島で
食べ物なんかも沖縄寄りな気がします。
ミミガーなんかもありましたしね。

そうそう現地で仕入れた小知識を披露しますね。

*へびはS字で動いている時は安全だけど、とぐろを巻いた時は
 飛びかかってくるので危険。
 2M以上飛ぶ事もあるので、その時に逃げても逃げ切れないとの事。
 怖いです。

そうそうブラジルと違うのは
犬が鎖につながれている事かな~。
ブラジルは犬が自由で良かった。
お腹すかせていてガリガリだったけど
幸せそうでした。

ハーブガーデンの土地が見つかったら
耕したり、種まきなんかもお手伝いしたいと
妄想しております。
楽しみ~~~。




ブラジル人

ブラジルに旅行してます~と伝えると
皆さん「ラテンの乗りで明るい国」と
思うらしいのですが、来てみてびっくり
全然ラテンの乗りはない~~。

私がいたのがサンパウロというのもあると思うのですが、
(リオデジャネイロはどうもラテンの乗りが
あるらしいのです。)
ブラジル人は一言でいうと「控えめで恥ずかしがり屋」です。
それって日本人にも当てはまる形容詞ですよね。

日本は国土が狭くって、そのスペースで仲良く暮らすには
あまり自分を強く出すとぶつかっちゃうので、
「自分を出さない」理由になっていると思うのです。

ではあんなに広いブラジルで何故!!
ブラジルは人種のるつぼなのです。
もともとのブラジル人、占領者であるポルトガル人の子孫
日本人の移民者、ヨーロッパからの移民者
スペースは広いけど、人種の違い/文化の違いが
日常的な壁になっているのだと思います。
ブラジル人が控えめであまり強く自分を出さないから
色んな人種がいるのに仲良く暮らして行けているんでしょうね。

それはブラジル人の体にも表れています。
体のベースはエクスターナル(外向き)なのに
胸の部分だけはインターナル(内向き)な人が多いのです。
ちなみに日本人はインターナルな人が多いみたい。

ただそんな性格が良い事ばかりかというと
そんな事はないのです。
「人にも甘く、自分にも甘い」んですよね。
無理して何かをするって事はないみたいなんです。

トレーニングが終わりサヒーからサンパウロに帰る時に
ちゃんと頼んでおいたのに来てくれたのは
荷物が全部入りそうも無い小さいタクシーだったのです。
私はどうにかしようと一生懸命荷物を入れたり出したり
悪戦苦闘しているのですが、スタッフやタクシーの運転手さんは
「入らないならしょうがないね~。協会のトラックに載せて運んで
後から取りに来れば。」とのほほん~~としているのです。

トラックで運んで貰ったら、取りに行ったりする手間や
タクシー代が余分に発生したりと
面倒じゃないですか。
第一ちゃんと頼んであったのだからスタッフの落ち度でしょうに。
それなのに全然自分が悪いとは思っていないみたい。

最後には必死の覚悟で荷物にキックをいれながら
どうにかタクシーに入れました。

いまブラジルはオリンピックとサッカーのワールドカップの
同時開催でちょっとした好景気なんです。
でもこの調子だと物事が進まないし
・・・景気の恩恵もあまり無いんじゃないかと
心配しています。
ちょっとは無理しろよブラジリアン!!

そうそう他に感じたのは「エレガント」を目指しているみたいなんです。
大きな声を出したり、走ったり、汚い格好をしたくないみたい。

そんな格好で襲われないのかと
心配になったほどひらひらしていたり
じゃらじゃらしている装いなんです。

声も優しい、ボサノボのようなぽそぽそした
ゆっくりした話し方でしたね。

丹田から声だしいや~~。とちょっと活を
入れたいくらいです。

良い人なんだけど心もとない感じの人。が
私のブラジル人感です。

応援しているぞブラジル人。

イグアス その3

イグアスから戻った次の日は
体がだるくって、家でのんびりゴロゴロ
食べては寝て、食べては寝てをしていました。

これってもしかして・・・・
『エネルギーシフト??』

ハワイに行った時も風邪のような症状になって
ヒーラーの友人に遠隔をお願いしたら
エネルギーシフトが起こっていると言われたんです。
エネルギーの強いところに行くとある事で
好い事らしいんですよ。

その時と症状が似ている・・

確かに水があれだけ生み出される場所だから
パワースポットでもあるはずですよね。

パワーを感じたのはアルゼンチン側の、滝のクライマックス
悪魔ののど笛を上から見るスポットに
行く前の遊歩道です。

もう一度大きくした写真アップしますね。
何か感じるかな?

Photo0111_convert_20111117025438.jpg



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。